太陽光発電施工業者 ケンユウ産業 » 太陽光発電システム

太陽光発電システム

太陽光発電システム

太陽光発電システムとは、簡単に言えば屋根に設置した太陽光発電パネルから太陽の光に反応し、電気を発電し家庭で使用して、余った電気を電力会社へ売るというシステムです。

太陽光発電の仕組み

太陽光発電のしくみ

屋根に設置した、太陽光パネルに太陽光が降り注ぐ事により発電します。
発電した電気は、直流電気である為、そのままでは使用できません。
接電箱・ケーブルを介してパワーコンディショナーにて使用可能な交流電気に変換されます。
分電盤に送られた交流電気は、自宅で使用されます。
使用できなくて余った電力は、電力会社へ自動的に売電されます。

太陽光発電システムのメリット

燃料が不要

燃料がいらない太陽光発電

1時間に地球上に降り注ぐ太陽エネルギーは、世界が1時間あたりに消費するエネルギー量の約1万倍もあります。
この自然から無償で降り注ぐ太陽光をエネルギーとして利用するクリーンエネルギーは大変注目されています。

クリーンな自然エネルギーによる発電システムです。

環境にやさしい発電方法太陽電池は、太陽の光が当たっている限り、日射量に応じて自然に電気を発生し、騒音、排気ガス、有害物質も出しません。
(パワーコンディショナが大型になるとわずかな騒音を出す場合があります。)

メンテナンスが容易

メンテナンスが簡単他の発電システムに比べて長寿命で保守・メンテナンスが簡単なシステムです。
定期的な点検を受けていただくことをお勧めしますが、他の発電システムに比べて維持・点検に手間がかかりません。

系統と連系した太陽光発電システムは、発電した電気は無駄にしません。

無駄のない発電システム太陽光発電は天候に左右され、夜間は発電できません。
系統連系システムの場合、発電電力が使用電力より多い時には余った電気を電力会社に売り(売電と言います)、少ない時には不足分だけを買うことができます(買電といいます)。

設置場所の用途は多彩。

場所を選ばず設置ができる建物の屋根面や屋上、壁面、そして遊休地などでも、太陽光が当たるところならばどこでも「発電所」になります。
制限は日射条件だけです。
日射条件により設置をお勧めできない場合や、設置工事が不可能な場合もあります。

大規模でも、小規模でも。

大規模でも小規模でも設置可能砂漠一面に設置した場合でも、電卓サイズでも、太陽電池はその規模に関係なく発電効率が一定です。
(kWあたりの発電量は一定です。)
火力・水力・原子力発電などのように、必ずしも大きなプラントを必要としません。
ご希望や設置条件に合わせて数Wから数千kWまで自由に発電規模を選択できます。

オール電化との組み合わせでさらにお得!

知っていますか?電気の契約タイプは1つではないのです。
お客様のライフスタイルで様々な契約プランがあります。
例えば、深夜電気料金がお得な「電化DEナイト」をご契約した場合、22時~8時までの電気料金は、8.05円です。
太陽光発電と組み合わせて、上手にに電気を使うと光熱費大幅に節約できます。 1日の発電量と消費量一日のうち、電気代が高めの昼間の電力を太陽光発電でまかない、太陽光パネルが電気を発電できない夜間は昼間より安くなる電気を電力会社から購入する。
そうすることで、さらに光熱費が安くなります。
さらに、昼間に太陽光発電システムが発電した電力で使わずに余った電力はそのまま電力会社に買い取ってもらえるので、太陽光発電とオール電化の両方を導入するだけで光熱費が断然お得になるのです!

オール電化料金メニューはこちら

ケンユウ産業へのお問い合わせ お問い合わせ

有限会社ケンユウ産業